2009年02月25日

驚きの受賞

【ロサンゼルス23日共同】滝田洋二郎監督の「おくりびと」が米アカデミー賞外国語映画賞を獲得したことに、23日付の米紙ロサンゼルス・タイムズが「『おくりびと』は驚きの受賞作」との見出しで記事を掲載するなど、欧米メディアも快挙を報じた。

 同紙は、遺体をひつぎに納める「納棺師」の姿を描いた作品について「一風変わった奥深い題材」に脚光を浴びせたと指摘。有力とみられていたイスラエルの作品などを抑えての受賞について、「下馬評を覆す驚きの勝利」と表現した。

 また、「おくりびと」は米国で一般公開されていないが、1月に北米で開かれた映画祭で人気となり、最近になってインターネットのブログ上で「ダークホースの勢い」と評価されていたと伝えた。

 ロイター通信も記事で「番狂わせ」とし、受賞を全く予想していなかったとの本木雅弘のコメントを紹介。英BBC放送電子版も「サプライズ(驚き)」だったと報じた。

デイリースポーツ

どう転ぶかわかりませんよねぇ

posted by 読書 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114793339

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。