2008年10月31日

3部作

明治の知識人を描くマキノノゾミの3作品を、自身と宮田慶子演出で青年座が上演。理学者、寺田寅彦をモデルにした「フユヒコ」、漱石の「坊ちゃん」をモチーフにした「赤シャツ」、与謝野晶子を描く「MOTHER」。11月4〜30日、紀伊國屋ホール。(電)03・5478・8571。

 (SANKEI EXPRESS

アレンジ一つで全然違いますもんね

posted by 読書 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108847552

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。