2008年11月30日

イラク撤収

政府は28日午前、国会内で安全保障会議(議長=麻生首相)を開き、イラク・クウェート間で空輸活動を行っている航空自衛隊の撤収を正式に決めた。
Click here to find out more!

 浜田防衛相は同日午後、空自に対して撤収命令を出す。帰国完了は来月下旬の見通しだ。イラク南部サマワで活動していた陸上自衛隊は既に撤収しており、5年近くにわたる自衛隊のイラク支援活動は終了する。

 麻生首相は同日午前、「イラクの復興と再建に貢献し、イラクや国連、多国籍軍関係国から高い評価と多くの感謝を受けてきた。自衛隊員が厳しい環境の中で任務に従事していることは私の誇りであり、隊員諸官に深く感謝する」とする談話を発表した。

 防衛省は、撤収業務を支援する「撤収業務隊」を近く現地に派遣し、梱包(こんぽう)や輸送、通関手続きなどの準備作業を行わせ、来月中旬に撤収を開始する。下旬には業務隊を除くほとんどの隊員が帰国する見通しだ。

 自衛隊によるイラク支援は、2003年7月に成立したイラク復興支援特別措置法に基づき、04年1月に陸自が派遣され、同年3月には空自がクウェートを拠点に空輸活動を始めた。

 06年7月に陸自が撤収した後も、空自はバグダッド空港などに航路を延ばし、多国籍軍や国連の物資・人員の空輸を継続。現在は約210人の隊員が、C130輸送機3機で業務にあたり、今月26日までの輸送実績は計810回(物資約671トン)に上る。

2008年11月28日10時27分  読売新聞)
 
手当てスゴい貰ってたんだろうなぁ
posted by 読書 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

朝青龍、初場所出場

九州場所を休場している横綱朝青龍が11日、福岡市内の高砂部屋で4日ぶりに朝げいこに参加した。報道陣を閉め出して約1時間汗を流した後、冬巡業の出場を明言。初場所についても出場に前向きな発言をした。

 体を動かし終えると笑顔で近況を語り始めた。「痛みはないけど違和感がある。治療は(患部を)もむだけ。夜は筋トレとか。どこも(夜に)行ったとかないよ。温泉行きたいけどね」と夜の外出を控えていることを強調した。

 12月2日から始まる冬巡業については「もちろん出ますよ」。出場が不透明だった来年初場所についても「来場所に向けて頑張ってるよ」と強い意欲を示した。師匠の高砂親方(元大関朝潮)が休場を示唆した7日から、体調はよくなっているようだ。

 九州場所は気にかけておりテレビ観戦をしているという。「安馬は今日は稀勢の里か。魁皇関はどう?」と報道陣に逆取材する一幕も。総合格闘技に転向した北京五輪柔道金メダリスト石井慧に「柔道界の(人気者)高見盛だな。頑張ってほしい」とエールを送る余裕もみせた。

 また、10月にモンゴルに帰国していた際の山ごもり生活を「シカをとって、肉を切って焼いた。空気がきれいだし元気になる」と振り返った。今後の調整について師匠の高砂親方は「まだ決まっていない」と明言しなかった。

デイリースポーツ

辞めてモンゴル帰ればいいのに。

つーか、なんで奥さんと子供、日本に来ないんだろう。

posted by 読書 at 10:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。