2007年12月28日

大阪全日空ホテルのチャペルを一般開放

大阪全日空ホテルのチャペルを一般開放−サプライズの場所にも

 大阪全日空ホテル(大阪市北区堂島浜1、TEL 06-6347-1112)は12月21日から、5階のチャペル周辺をライトアップし、一般に無料開放する。

 ブライダルにも使用されるスペイン風の中庭「パティオ」にある、12個のペルを重ねた「カリヨンドーム」を光のオブジェに様変わりさせ、BGMは「聖夜の教会にふさわしく、『アベ・マリア』や『ホワイトクリスマス』など定番のクリスマスソングをパイプオルガンの調べにする」(同ホテルマーケティング担当)という。

 同企画は今年が初めての試み。「クリスマスディナーを利用の前にぜひカップルに立ち寄っていただきたいスポット。チャペル内でのプロポーズなどサプライズ演出の場所としても利用できる」(同)とも。

 期間中、同ホテルでは「私流に楽しむ、クリスマス」と題し、ターゲット別にプランを用意。「上質なときを味わう大人のディナー」(コース=20,000円)、「家族団らんで楽しむ多彩なメニュー」(バイキング=大人5,000円、子ども4,000円)などのほか、「若いお二人にお洒落なひととき」(コース=7,000円)には、ポラロイド写真撮影とお菓子プレゼントなどの特典が付く。

 そのほか、「カップルの素敵なクリスマスを応援する、DRAMATICな宿泊プラン」として、ウエディングドレスとタキシードでの記念写真撮影などが特典で付く宿泊プランも用意している。1日2室限定で、利用料金は16万円。予約は宿泊予約係で受け付ける(電話のみ対応)。


梅田経済新聞より
 演出の場にかっ、いいかもなっ。喜ぶだろっ。
posted by 読書 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

松たか子が年上の恋人

松たか子が年上の恋人と“夫婦”のように訪れる「饂飩くろさわ」(麻布十番)
「16歳上のギタリストと結婚へ!」との吉報が駆け巡った松たか子(30)。言わずと知れた松本幸四郎の二女。歌舞伎の名門一家に生まれ、数々の演技賞を獲得してきた。

 松のお相手の佐橋佳幸(46)は、小田和正、坂本龍一ら大物のサポートを務めてきたスゴ腕ミュージシャン。

 しかし、先の“ゴールイン報道”を受け、松の所属事務所が即座に「(結婚の)予定はありません」とコメントすれば、父・幸四郎も「寝耳に水」とピシャリ。やはり梨園のサラブレッドをめとる道は険しいか。

 2人は2001年、松のコンサートツアーに佐橋が参加したことで出会った。

 いったんは破局したものの、昨年から思いが再燃したらしく、長年連れ添った夫婦のようなむつまじい食事風景が、ここ「饂飩(うどん)くろさわ」で度々目撃されている。

「くろさわ」はその名が示す通り“世界のクロサワ”の世界を食で表現する「永田町黒澤」の系列店。麻布十番駅からぶらぶらと十番商店街を歩けば、出口近くにお目見えだ。プロデュースは長男・黒澤久雄氏、内装は黒澤組美術スタッフの手によるもので、京都の古民家を解体・再利用しているため、落ち着いた雰囲気を醸している。隣接する六本木ヒルズとの対比がなんとも面白い。

 松のオススメ「黒豚カレー南蛮」(1260円)は、洋食経験豊かな料理長が考案し、瞬く間に店を代表するまでになった人気メニュー。上品な汁にスパイシーなカレーの風味が加わって、深いコクが形成されている。やや太めの麺は自家製。すっきりとしたコシとツヤは、噛み締めるたび味わいが増す。そして何より心奪われるのは、具の豚の角煮の軟らかさ!

「鹿児島直送の黒豚を香味野菜と一緒に炒め、じっくり蒸し上げました。京風だしに使うかつお節は3種類、醤油やみりんなども選び抜いた最高の品を取り寄せています。おいしいものは手間がかかるものなんですよ」(料理長の鈴木正昭さん)

 松は単独のこともあれば、マネジャーと2人、あるいは佐橋と2人で現れることもあるという。信頼できる人だけとコッソリ味わいたい、とっておきの店に違いない。

livedoorニュースから
 まぁ、年齢も年齢だから落ち着いた付き合いだろっ。
posted by 読書 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

脳出血患者手術、左右間違え切開

新潟大病院:脳出血患者手術、左右間違え切開
 新潟大学医歯学総合病院(新潟市中央区)は21日、今月行った脳出血で昏睡(こんすい)状態となった患者の開頭手術の際、執刀医が左右を間違えて切開し、頭蓋骨(ずがいこつ)2カ所に穴を開けるミスをしていたと発表した。病院はプライバシー保護を理由に患者の性別、年齢、手術の日時については公表しなかった。

 同病院によると、手術は脳外科医2人、麻酔医2人、看護師1人が深夜に行った。左右の間違いは、執刀医自身がすぐに気付いて縫合したが、本来の手術が約1時間遅れた。間違えて開けた穴はそのままの状態という。頭部のCT(コンピューター断層撮影)画像が左右逆転して表示されるため、医師が誤認したらしい。

 畠山勝義院長は「患者とご家族には誤認事故でご迷惑をおかけした」と謝罪したものの、病院側は、ミスが原因で容体が悪化したことについては否定している。【岡田英】

毎日新聞から 
 うわっ、やってしまったなぁっ。
posted by 読書 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

登校中の列に車

登校中の列に車、小学生2人重軽傷
 17日午前、千葉県白井市で登校中の小学生の列に乗用車が突っ込みました。この事故で小学2年生の女の子が重傷、1人が軽いけがをしました。

 17日午前7時半ごろ、白井市・根の市道で横断歩道を渡っていた登校中の小学生の列に、乗用車が突っ込みました。

 この事故で、近くに住む川上果歩ちゃん(8)が頭を強く打つなどして重傷、同級生の女の子(8)が軽いけがをしました。果歩ちゃんは同級生数人と近くの小学校に登校する途中でした。

 警察は乗用車を運転していた白井市に住む19歳の少年を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕し、詳しい事故の原因を調べています。現場は片側一車線の見通しのよい直線道路です。(17日13:43)


TBS News iから
 なんで、またこういうこと起きるんだかなっ。
posted by 読書 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

スパイス・ガールズの飛行機

スパイス・ガールズの飛行機、米空港でお披露目
[ロサンゼルス 12日 ロイター] 再結成ワールドツアー中の英女性ポップグループ、スパイス・ガールズが12日、当地の国際空港でヴァージンアトランティック航空のボーイング747型機「スパイス・ワン」の除幕イベントを行った。

 イベントでは、グループ名にちなんで機体に書かれた「スパイス・ワン」の文字を、メンバーが除幕。

 その後、機体にサインをし、5人全員が機体の前で記念撮影を行った。

ロイターより
 スパイス・ガールズ専用ではないだろっ。
posted by 読書 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

買った花嫁

「買った花嫁」に暴力 /山形
2007年12月6日(木)11:20

 ◇私は所有物じゃない

 「言葉も伝わらず、夫と分かり合えない。何度も韓国に帰ろうと思った」。西村山郡の農家に嫁いだ40歳代の韓国人女性はそう語る。

 韓国にいた24歳の時、知人の紹介で日本人男性と見合いをすることになった。家は母子家庭で経済的に苦しく、日本で結婚した方が幸せになり、家族にも楽をさせられると思った。11歳上の男性が優しく頼もしく見え、知り合って2週間で結婚を決めた。しかし、見合いだと思っていたのは、夫が業者に申し込んだ花嫁探しのツアーだった。夫が業者に仲介料として230万円払っていたのを知ったのは、結婚してから数年がたってからのことだった。

 「嫁探しに大金払ったんだ。ちゃんとした嫁さんを連れて帰らねば、両親や近所の人たちに顔向けできない」。結婚が決まった直後、韓国で夫から言われたことが忘れられない。

 結婚生活が始まると、夫は親の言いなりだった。山形弁も理解できず、慣れない農作業と家事で失敗する度に、義母からは「日本人の嫁ならできるはず」となじられた。長女を出産した後は「何で女の子を生んだんだ。出て行け」と言われた。農作業中に足を骨折した時には「操作を間違えるからだ。その足はいつ治っていつから働けるんだ」という冷たい言葉に泣いた。

 義父には頭を殴られ、妊娠中に腹をけられたこともある。夫からも暴力を振るわれるようになった。背中や左足には、あざが今も残っている。

 韓国に戻りたいと思ったが、子どものことが気になった。「私1人ならとっくに戻っていた。でも子供たちのことを思うと、離婚できなかった。外国に嫁いだ私がばかだったのかもしれない」。そう言うと、涙がこぼれた。

 この秋、手足にみみず腫れができる程殴られ、離婚を決意した。農家の仕事が減る冬にかけ、パートの仕事を増やし、家を出ていくための準備をするつもりだ。

 「私は自分の意思で山形に来たのだから、自業自得と言われるかもしれない。でも、所有物のように思われているのがつらい。人間を何だと思っているんだろう」

     ◇

 在住外国人を支援するNPO法人・国際ボランティアセンター山形(IVY)には昨年、外国人女性からDV(家庭内暴力)の相談が12件寄せられた。夫の両親と同居する場合、3人から暴力を振るわれたり、非難されたりする外国人女性も多いという。

 DVだけでなく、経済的な理由で悩んだ末、「離婚したい」と相談する外国人女性もいる。夫が業者に紹介料を支払うため、借金を重ねて家や田畑を売り払う場合、女性は結婚した途端に借金生活を余儀なくされる。しかし、相談者の多くは日本に身寄りがなく、離婚調停を申し立てても、離婚が成立するまで住む場所や働く場所が見付からず、結局、離婚をあきらめることになる。

 IVYの西上紀江子理事は「業者を通じた国際結婚の場合、日本人男性の中には多額の仲介料を業者に支払ったことで、花嫁に対して『買った』という意識を持つ人がいる。それが暴力へつながる」と指摘している。

gooニュースから
 最低だなっ。そんな奴。自分が結婚できなかったくせによっ。嫁に来てくれただけで感謝しろよなっ。
posted by 読書 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

ライブハウスで痴漢

ライブハウスで痴漢、毎日新聞校閲記者を現行犯逮捕…大阪
 毎日新聞大阪本社の男性校閲記者(43)が、大阪市内のライブハウスで客の女性の体を触ったとして、大阪府警住之江署に府迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されていたことがわかった。

 調べに対し、記者は当初、否認していたが、「仕事でストレスがたまっていた」と犯行を認めた。同署は6日、記者を釈放した。

 調べによると、記者は4日夜、大阪市住之江区南港北のライブハウスで開かれた人気バンドのコンサートで、前に立っていた女子大生(20)の服をまくり、腹を触るなどした。女性が記者の手を振りほどき、警備員が記者を取り押さえた。

 毎日新聞大阪本社代表室の話「誠に遺憾です。今後の捜査を見守り、厳正に処分します」

YOMIURIから 
 その為に行ったんじゃねぇよなっ。
posted by 読書 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

「生活音うるさい」と切りつける

「生活音うるさい」と切りつける
 神奈川県警戸塚署は3日、同じアパートの住人の女性に「騒音がうるさい」と刃物で顔などを切りつけ軽傷を負わせたとして、殺人未遂の現行犯で横浜市戸塚区小雀町、無職宝沢香織容疑者(31)を逮捕した。

 宝沢容疑者は「騒音を注意しようとして怒鳴られたので刺した」と供述しているという。

 調べでは、宝沢容疑者は3日午後2時ごろ、自室真上の女性(48)の部屋を訪れ「生活音がうるさい」などと言って女性と口論になり、果物ナイフで顔と背中を切りつけ軽傷を負わせた疑い。

 近所の女性が騒ぎを聞きつけ110番した。

 宝沢容疑者は数年前から、ほか数人のアパート住人とも車のエンジン音などをめぐり口論になっていたという。


nikkansportsから 
 なんかそんなトラブルからだなんて、怖ろしいよなっ。
posted by 読書 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。